ttp-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" /> 2018年10月 - 行政書士円たけしからの手紙
FC2ブログ

年の功

前略

私は今年、行政書士の支部活動で隔月ですが、相談会で相談員をしてます。相談員は、全員で4人ですが、私の他には、三十過ぎの若くて知識豊富で綺麗な独身相談員もいらっしゃいます。
地域がら相続遺言の相談が多いのですが、相談にいらっしゃる方(60過ぎくらいの女性)が相談を始め、支部の若い女性の相談員が対応し、よどみなく説明をいたしました。一方で私ですが、昼間会社勤めで企業法務ということもあり、相続には自信がなく、聴くことに徹したのです。
結果はどうなったと思いますか。その年増の女性の視線は明らかに私の方を向き、たまに発言する私の話しを聞いているのです。
お分かりでしょうか。仕事によっては必ずしも知識が正しいとか、豊富だとかいうことがポイントではないことがあり得るのです。
おそらく、相続遺言は、相談者が求めているのは知識というより、悩みを聞いてもらいたいというのが本音なのです。
お分かりかと思いますが、仕事、特に相談を受ける業務の場合、聴くことが話すよりも重要なことがあるのです。行政書士には、年の功を活かせる仕事があります。

草々

サラリーマン同士の人脈

前略

これは先行き不透明な会社の話しかもしれません。私の会社では働いている仲間(上司、同僚、後輩)とは極めて表面的な付き合いに終始終わってます。
かつての景気の良い90年代は付き合いも多くウエットで嫌気がさしたものですが今となってはいい思い出です。
現在の会社内は、合理化が進んだものの、極端となり、もはや隣りの人は、時間共有してるものの将来的に発展する人脈ではないのです。
その一方で行政書士を始めとする個人事業者は違います。会う人、会う人が顧客になる可能性があります。もちろん選別は必要でしょうが。
しかし、残念です。1日8時間以上も共にしてる人が将来に繋がらないなんて。サラリーマンというのは会社資本の一部であって設備でいえばとなりの装置のようなもの。さみしいですが捨てられる気楽さもあるのです。そう個人的に付き合ってるわけではないのですね。

草々

直前対策

前略

試験まで2週間を切り何をしなければならないか?もうやることないと感じてる人、危ないです。2週間という期間は短いようで意外に長いものです。
以前にも申し上げましたように短期記憶にかける必要があります。毎日やることを決めて繰り返すのです。素材はもちろん、今までうろ覚え又は間違った肢と一般知識のテキストです。
試験当日に今日行う勉強の内容を思いだすことができるでしょうか?これから試験当日まで13日やった内容を思いだすことができるでしょうか?これが試されてます。

早々

2018年行政書士試験予想 !!

前略
 
 例年のように26日に行政書士試験研究センターのHP上で本年度の受験申込者数が発表されました。
          
          [2017年]          [2018年]
     (A.申込者数) (B.受験者数)(C合格者数) (B/A) (C/B) (D.申込者数) (予想受験者数)
 全国 52,214 40,449 6,360 77.5% 15.7% 50,926 39,468
東京   12,606 9,380 1,697 74.4% 18.1% 12,248 9.112

申込者数は、全国で50,926名(-1,288名)で前年比-2.5%という状況です。受験率は毎年安定して約16%ほどあり
 予想受験者は39,468名です。昨年と同じような合格率ですと、合格者は、6,196名です。
 何と受験申込者数でいうと-2.5%減少であり、会の規模保持の観点からいうと由々しき事態です。昨年と同じ合格者数
 にすると合格率は、16.1%にもなりますが、昨年より戦略変更の様相がみられるため依然として2ケタパーセント合格者
 数となる見込みです(ヒトケタに戻すのはもはや自分で自分の首を絞めるだけです)

 ちなみに東京は申込者数が増加してます。合格率も高いのですが、受験地を変更しても答案の出来次第の絶対評価
 ですのであまり無理はなさらないほうがようでしょう。

 私は今年も楽観論であると信じてます。是非合格してください。

草々


行政書士は街への入場チケット

前略

私事になりますが、新宿に近いとある街のイベントでボランティアをやってます。もともと外国人への観光案内とかボランティア自体に興味はあるのですが、まず始めにどんな顔引っさげて街の人たちに挨拶するのでしょうか。
自分を紹介するのに名刺を差し出すのですが、サラリーマンの名刺だと都合が悪いのなんの。私の場合、行政書士の名刺を差し出します。その名刺には、「街のために頑張ります」とか書いてます。裏というか表は、ボランティアガイドです。
何が申したいかと言うと、行政書士と言うだけで街のために何かしてくれるのではと街の人から期待されるのです。行政書士ってそういうイメージがあるのです。
これによってボランティア活動もスンナリとできるのです。感の良い方はお気づきかと思います。逆もあり得ます。ボランティアから仕事につながることもあります。私はそうやってある街の企画会社から著作権契約の仕事をもらったのです。この辺りの相乗効果、考えても良いかもしれません。

草々

諦めないことが肝心です

前略

 そろそろ行政書士試験センターより本年度の試験の申し込み者数が発表される予定です。さて今年は増えるのでしょうか。
 しかしながら、あと1カ月を切った現在、そのような情報はあまり意味のないものかと思います。実に私がそうでした。今、恥を忍んで申し上げますが、私は7回目にしてやっと受かったのです。7回のうち、実に2回はあと一問というところで泣きました。2回目に繰り返してしまったとき、もう受からないのではと絶望しました。
 小さい子どもがいる家庭にとっては相当な迷惑者であったに違いありません。今でも子どもとのふれあいの時間をないがしろにしたことで子どもに申し訳ない気持ちになることがあります。
 一方で受かったときは違いました。200点はこえなかったものの結果は196点でした。自慢をしたいのではありません。おそらく受かるときは、ギリギリを狙ったものではなかったのです。受かっても受からなくともこれで最後にしようと思ったのです。
 今、行政書士となってホントに良かったと思ってます。このキップによって街の人たちにある一定の信用を得ることができたのです。
 おそらく、これで最後と決めたことで成績が伸びたのではないかと思います。決め切れないとき、来年また受けようかと思っていると遠くなる可能性があります。気持ちの持ち方って大事です。

草々

2018年行政書士試験カウントダウン

前略

 コオロギがなく季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。
 いやはや今年の夏の暑さはハンパじゃなかたですね。うって変わって秋となりましたが、集中力もハンパでないここと願っております。
 さて、今年の行政書士試験も11月11日(日)となり、1か月を切りました。そろそろ今年の出願者数統計も行政書士試験センターより公表されると思いますが、今年はどうなるのでしょうか。
 この1年ですが、世の中は、働き方改革で大きく変わってきたのではないかと感じます。士業の位置づけも変わりつつあります。フリーランスであるとか複業であるとか。私は、”士業”は、社会的役割であってそれがすなわち、生業を意味するものなのかはなはだ疑問が生じてます。私も昼間の大半はとある会社の法務部員であって、会社の外に出れば街中で行政書士を語っているわけです。そういった意味で試験を受ける方もいろいろなスタンスがあっていいように思います。趣味でこの試験を受けるという人がいてもいいのではと思うのです。でも、趣味にしてはずいぶん労力とコストがかかりますけどね。
 これから試験までは耳よりの情報を提供してゆきますのでご期待を。

草々
 

スポンサードリンク3

スポンサードリンク
フリーエリア
プロフィール

円たけし

Author:円たけし
資格取得を通じてビジネス力を鍛えることをモットーとしているアラフィフビジネスマン。2006年(38歳)~2012年(44歳)までの電機メーカに勤務している7年間に、行政書士、簿記等の資格を取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2掲示板
スポンサードリンク2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2
読んでみてはいかが?